ももクロぺでぃあ私家版:エピソードと裏話

「ももクロ」(ももいろクローバーZ)に関するキーワードを独自の視点で解説。

『ももクロぺでぃあ私家版』は、独自の調査と考察に基づいて執筆・構成されたオリジナルの編集著作物です。内容に間違いや独断が含まれている場合がありますので、ご注意ください。
また、NAVERまとめや、Wikipediaへの引用、転用はお断りします。

企画記事

なぜ、ももクロだけが全力と言われるのか

なぜ、ももクロだけが全力と言われるのか(なぜももくろだけがぜんりょくといわれるのか) 

 アイドルグループ・ももいろクローバーZの魅力は「全力」だと言われる。メディアでももクロ関連のドキュメンタリーが制作されるとき、このキーワードが出ないことはまずない。もはや「ももクロ」と「全力」の2つの言葉はワンセットで語られるのが当たり前になっている。
 また、ももクロが「ドルヲタ」と呼ばれる固定的な嗜好をもったファン層だけでなく、老若男女の幅広い層に支持される理由もこの「全力」にあるとされる。

 その一方でドルヲタたちの間では、「ももクロ以外のアイドルだって全力でやっている」「なぜ、ももクロだけが全力と褒められるのか?」という疑問が飛び交い議論され続けている。
 たしかにYouTubeでさまざまなアイドルのライブ動画を見てみれば、ももクロにひけをとらない熱量で歌って踊るアイドルもいるし、技量の差はあるにしても、手を抜いているアイドルなど皆無といっていいだろう。
 なにより、ももクロのメンバー自身が「一生懸命な人はほかにいくらでもいる」と言っている。では、なぜももクロだけが「全力」と言われるのか。本稿はその点について考察してみよう。
 
ももクロの魅力・ハマる理由

続きを読む

ももクロ2013年上半期活動まとめ

ももクロ2013年上半期活動まとめ(ももくろにせんじゅうさんねんかみはんきかつどうまとめ) 


アイドルグループ・ももいろクローバーZの2013年上半期の活動をまとめた。


2012年12月31日に念願のNHK紅白歌合戦への出場を果たしたももクロは、2013年6月21日に発表された、「オリコン2013年上半期CD・映像ランキング」のアーティスト別トータルセールス部門で3位となり、売り上げの面では日本のトップアーティストとなったことが証明された。


1位     嵐(売上枚数302.2万枚、売上金額109.5億円)

2位     AKB48(358.2万枚、68.6億円)

3位     ももいろクローバーZ(86.8万枚、39.2億円)


そこで、2013年上半期にももクロがどれだけの活動を行ったのかを調査した。


続きを読む

AEイベント選曲ランキング

AEイベント選曲ランキング(えーいーいべんとせんきょくらんきんぐ)

2013年5月27日から29日にかけて開催された『ももいろクローバーZ 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります♡~」 』(通称:AEイベント)の3日間5公演で使用された曲を使用回数順にランキングした。


続きを読む

ももクロ・メンバーの変遷

ももクロ・メンバーの変遷(ももくろめんばーのへんせん)

ももいろクローバーは、2008年春の0期メンバーの招集後、1年以上に渡ってメンバーの入れ替えを頻繁に行った。
2009年7月26日の有安杏果加入により、メンバー編成が決定し、以後、インディーズデビュー、メジャーデビューと、決して早いとは言えないが着実にステップを踏んでトップアイドルへの階段を上っていった。

本稿では、メンバーの変遷に着目し、誰がいつごろまで在籍していたのかが視覚的に分かりやすいチャートを作成してみた。

 続きを読む
最近、更新した記事
ももいろクローバーZ
元ももいろクローバー

高井つき奈(女優・タレント)

伊倉愛美(女優・タレント)

和川未優

藤白すみれ(女優・タレント)

柏幸奈(乃木坂46)

早見あかり/女優・モデル

0期メンバー/初期メン

スタッフ・関係者

川上アキラ(マネージャー)

佐々木敦規(演出家)

石川ゆみ(振り付け師)

宮本純之介(ディレクター)

佐藤守道(A&R)

前山田健一(作詞・作曲家)

米村弘光(スタイリスト)

最新コメント
書籍
メッセージ
  • ライブドアブログ