事務所に推され隊(じむしょにおされたい)

アイドルグループ・ももいろクローバーZ内の公式ユニット。略して「推され隊」と呼ばれることが多い。

メンバーは有安杏果高城れに
ユニット名の由来は、ももクロのメンバー5人のなかで、この2人が事務所内で不遇だったため。
持ち歌は「もっと事務所に推され隊」(作詞・作曲:前山田健一)。  

2012年4月21日に横浜アリーナで開催された「ももクロ春の一大事2012 〜ももクロ☆オールスターズ〜」に初登場し、2012年を通してライブやTV番組などに登場して活躍した。

挨拶するときは、2人向き合って両手を合わせて客席を振り向き、「推されたーい」と言う。

osaretai

■始まりはZだった。

ももクロは、集合して立ったり座ったりするときの各人の位置が決まっている。横一列に並んで立つときは、有安、佐々木、百田、玉井、高城の順に並び、二列になって座るときは前列が佐々木と百田で、後列が有安、玉井、高城になるのが一般的だ。歌詞の通り有安と高城は常に「端っこ、後ろ」である。
この並びになったのは、早見あかりが抜けて「ももいろクローバーZ」に改名してからで、高城れには、当初は端からトークに参加するのが難しくて悩んだという。

また、Zになってから、ももクロはイロモノ路線を突き進みだし、中でも切り込み隊長的なポジションを無理矢理に与えられた高城としては「私に関するNGがない あんまり心配されてない」という気持ちになっても無理はなかった。

トークやふざけるのが苦手な有安も、日陰のポジションであると感じても不思議はない。
そんななかで、「事務所に推され隊」は登場した。


■緑と紫のサイリウムを持って集合せよ

「ももクロ春の一大事2012」の約1週間前である、2012年4月13日に配信されたテレ朝動画「ももクロChan #76」の最後に、レッスン場の有安杏果と高城れにが登場し、「横浜アリーナまさかの2DAYS参戦の方は“緑と紫”のサイリウムの用意をお願いします!」と訴えた。

ももクロChan #76(2012/4/13配信)

(レッスン場にて)
テロップ ももクロ春の一大事2012 横浜アリーナまさかの2DAYSに向け ももいろクローバーZ始動!
テロップ そんな中この2人から みなさんにお願い事があるみたいです…
有安 ちょっとお願いがあるんですよ…
高城 みなさんにお願いがあります!
高城 今 私たちに足りない物…
高城 それは…
有安高城 せーの、サイリウムです!
有安 必要なんですよ今!
高城 ちょっと(訳は)言えないんですけど…
高城 とっても今 必要としてて…
有安 横浜アリーナ…
高城 に向けて…
高城 是非 準備しておいてください!
有安 黄色ピンク(推し)の方も
高城 できればお願いします!
有安 カバンの中に入れておくだけでもいいので!
有安 当日 必要なので持ってきていただけると…
高城 ありがたいです!
有安高城 お願いします
スタッフ 両方あった方がいいですか?
高城 両方ないと意味がないよね!
有安 (うなずく)
有安高城  “のサイリウム、準備してください!
テロップ 横浜アリーナまさかの2DAYS参戦の方は“”のサイリウムの用意をお願いします!

そして当日、新ユニット「事務所に推され隊」が登場して、「もっと事務所に推され隊」を熱唱し、会場はのサイリウムに埋め尽くされた。最後は2人は正座して頭を下げ、感謝の気持ちを表しながら、退場した。

以後、推され隊のパフォーマンスは夏の馬鹿騒ぎツアーなどライブの定番となった。また、ももクロの代表として、HMVやタワーレコードに推され隊の2人が出没することもあった。

特にTBSで2012年9月24日から12月27日まで深夜に放映された『ももクロ団×BOT(ボスにも推され隊)』は、事務所に推され隊の2人によるTV地上波番組だった。


■ホントに事務所に推されてないの?

2012年11月4日に放送された、ニッポン放送「ももクロくらぶ xoxo」において、「推され隊ってホントに事務所に推されてないんですか?」という質問に対して、2人が「あの歌詞の通り」と強く訴えた。
 
高城 推されてないよね!
有安 ホントに! これガチだから!
高城 今日だってねえ、そうだし! いつも…まあ、あの歌詞の通りだよね
有安 最初、二人でユニットやるよ、って言われて。
高城 うん
有安 名前は聞いていなかったじゃん、ユニット名は
高城 そうだね
有安 そのあと事務所の人から、「事務所に推され隊ですよ」って言われたときに、「事務所から言っていいの?」って思ったよね
高城 思ったよね!
有安 ウチらが内に秘めてたのに
高城 マ、マジか、言っちゃったんだ! と思った

さらに2人は、常に「推され隊」としてひとまとめに扱われることに対しても不満を述べた。たしかに2012年中のももクロは「ももたまい」と「あーりん」(ソロユニット)と「推され隊」の3組に分かれて行動することが多かった。
 
高城 最近、なんだかんだ言って推され隊だからって、まとめられること多くない?
有安 多い
高城 集合時間とかも「推され隊の二人は早めに」とか
有安 ラジオとかそれこそね
高城 ラジオとかも推され隊じゃん!
有安 ねえ、「なう」だね
高城 でね、新曲の「サラバ愛しき悲しみたちよ」の衣装って天使と悪魔のふたパターンがあるの
有安 うん
高城 日によって天使にする人と悪魔にする人に別れるんだけど、必ず「推され隊はじゃあ天使で」とか「推され隊は悪魔で」とか、「推され隊」っていうククリをされるんだよっ!(怒)
有安 ほんとにー!(不満)
高城 そう。名前があるのー!
有安 そうだよ、私たちにも名前があるのー!
高城 推され隊じゃないのー!

しかし、最後は「今のポジションが落ち着く」ということになった。

高城 でも、なんだかんだ言って、今のポジションって落ち着くし
有安 そう私絶対下手がいい
高城 私も上手がいい。
高城有安 ね!
  
※客席に向かって舞台に立ったとき、左側を上手(かみて)、右側を下手(しもて)という。

ももクロくらぶxoxo 12/11/04 
事務所に推され隊 高城れに 有安杏果


■もともと仲の良い2人だった

事務所に推され隊の2人でユニットが組まれたのは、単純にこの2人の仲が良かったというのもあるだろう。ももクロでは最古参の高城ともっとも遅く参加した有安だが、有安は、「ももクロで最初にプライベートで一緒に遊びに行ったのは、れにだった」とももクロChanのインタビューで述べている。

また、定期的に2人で「話し合う会」を行っていること、「事務所にもっと推され隊」の歌詞は、その話し合う会で話していた内容そのままであることを、QuickJapanのインタビューで述べている。

杏果 最初に聞いたときにはれにと二人で「は、はぁ…」って。実はあの曲の歌詞にあるようなことは、私とれにで定期的に「話し合う会」をやっていて、そこでしゃべっていたんですよね。ホテルで一人部屋のときとき、お互いの部屋に行って、よく話していたんです。そんなうちらの中で秘めていたことを「えっ、事務所からそれ言う?」みたいな(笑)。曲を作るにあたって、二人で前山田さんにいろんなことを話したんですけど、もう止まらなくなっちゃって、たぶん、あと二曲ぐらい作れますよ(笑)。
−− あそこまで開き直ったからこそ、たくさんの人の支持を得ることができたと思うんですけどね。
杏果 私たちからしてみれば「あっ、これ、ネタにしていいんだ」って。そういう意味では、本当にいいきっかけになりましたね。

( QuickJapan Vol.105  p.075)




■実はユニット実現に1年かかった

事務所に推され隊が初登場した「春の一大事2012」開催後にナタリーに掲載された『前山田健一「ももクロ★オールスターズ2012」を語る』という記事で、前山田健一が事務所に推され隊の発案者であること、ユニットの実現に1年かかったことが明かされた。

──有安杏果&高城れにの「事務所に推され隊」。このユニットもすごい盛り上がりでしたね

これは1年越しのオファーなんですよ。1年前は2人とももっと推されてなかったんです。最初のオファーも「でこまゆ作ってください」「桃のソロを」「赤と黄でも何かできないですか」で、「緑と紫は?」って訊いたら「ないです」って(笑)。あまりにかわいそうだったんで「緑と紫の曲がないなら、ほかはちょっと……」ってゴネてみたんです。そのときは叶わなかったんですけど……1年越しでようやく実現しました。

──念願のユニット曲「事務所にもっと推され隊」の歌詞で詳しく書かれていますけど……この扱いはなぜなんでしょうね。2人とも案外ちゃんとしていて気配りも利くから、逆に放っておかれがちなのかなとも思うのですが。

ですよね。いつも後列、PVには映らない……「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」に至っては高城、半透明ですから(笑)。それはある意味推されてるんですけどね。でも「事務所にもっと推され隊」は、ただの愚痴の歌には終わらせたくなかったし、実際に世間を見てみたら2人は決して不人気じゃなくて、すごく均等に人気なんですよ、あの5人は。事務所には推されてなくても、ファンはみんな愛してるぞと。ちょうど横アリでの発表だし、サビは「無数のサイリウム」だなって。でも、ここがももクロの面白いところで。普通アイドルが「事務所に推されてない」なんて言わないですよ。ましてやそれを歌にまで(笑)。ファンもまた、これをネガティブに捉える人は全然いなくて。愛されてますよねー。

──ちなみに、有安さんがセリフでしゃべっている"「デコまゆ」使い回し"説は……実際に意識して?

その……作ってるうちに若干似てきたなと気付いて(笑)。どうしようかなーと思ったんですが「あ、間奏で言わせればいいんだ」と(笑)。そのあとの高城の「アイ・ウォント・オフィス・プッシュ!」はアドリブですからね。好きなこと言って、って言ったらコレ。  




■推され隊は解散した?

2012年中は大活躍した推され隊だが、2013年になると、最年長コンビである「ももたかぎ」、食べ歩きなどでコンビを組む「チームた行(チーム小顔、etc)」、お笑いコンビとして人気急上昇の「あーりんやす」などのユニット活動が活発化し、相対的に推され隊として活動する機会が減ってきた。また、ライブでも「もっと事務所に推され隊」が歌われることもなくなってしまった。

そのため、2013年終盤になると、Ustreamやラジオで有安と高城が「推され隊は解散した」「再結成はしない」などとネタにすることが増えてきた。

しかし、2013年の最後の放送となった12月29日の「ももクロくらぶ xoxo」で久しぶりにパーソナリティをコンビで担当した有安と高城は、推され隊の復活について前向きに語った。

高城 ニッポン放送に推され隊のロケを作ってもらおうよ! 旅をする。
有安 え、いいじゃん、やりたーい。
高城 じゃ、推され隊、復活しよ!
有安 ん、考えておく。
高城 えーーー! なんなの、それー!
有安 そこは、乗らない!(笑)

(提供を挟んでエンディング)  

高城 お送りしてきましたももクロくらぶ、そろそろクローズの時間です! いやあどうですか?
有安 いや、なんかね、久々に推され隊コンビでやって
高城 うん
有安 ちょっとね、復活はアリかもと思う。
高城 誰だよ?! オマエ(笑)
有安 ちょっと解散はもったいないんじゃないかと思います。
高城 再結成しましょうよ!
有安 まあ、そうですね。
高城 どうなるか、お楽しみにしててください!

131230-0029




感想をコメント欄にお願いします