飛鳥凛(あすかりん)

スターダストプロモーション所属の女優。1991年3月28日生まれ、大阪府出身。身長166cm。
アイドルグループ・ももいろクローバーZの事務所の先輩。

かつて、ももいろクローバー入りを希望したが、「背が大きいから」という理由でメンバーに断られてしまった。しかし、2013年のNHKクリスマスドラマ「天使とウインク」で、ももクロのメンバーとともに架空のアイドルグループ「Twinkle5」を演じることとなった。
 
飛鳥凛公式プロフィール
飛鳥凛公式ブログ「Diary」
飛鳥凛 - Wikipedia
 
■飛鳥凛がももクロ入りを断られたいきさつ

飛鳥凛は2006年に芸能界入りし、「ひぐらしのなく頃に 誓」「サバイバルガール」などの映画や「ケータイ刑事7」などのドラマに出演してきた。
とくに2009年から2010年にかけて1年間放送されたSFドラマ「仮面ライダーW」では、作品世界の中の人気アイドルで物語のキーともなる園咲若菜役で人気を集めた。

 歌手としてCDのリリースはしていないが、ももクロのメンバーと同様に3B juniorにも所属していた時期があり、2008年12月29日に原宿アストロホールで開催された、3B-Jrライブ「年末だヨ!全員集合」にて「Dream Wave」を歌って3B juniorを卒業した。このDream Waveはのちにももクロに受け継がれ、持ち歌のひとつとなる。

2009年6月7日に秋葉原の石丸電気で開催されたテレビドラマ「ラストメール」DVD発売記念イベントにドラマ主演の飛鳥凛に加えてスペシャルゲストとしてももいろクローバーとみにちあ☆ベアーズが出演し、ももクロは飛鳥凛のバックダンサーも勤めた。

当時は有安杏果の加入前でももクロは5人だったが、飛鳥凛がももクロの6人目のメンバーになったらどうかという話しの振りに対しては百田夏菜子が「凛ちゃんは、おっきいから」という理由で断ったという。

この日は、事務所の後輩でもある、12~15歳の5人組アイドルユニット「ももいろクローバー(ももクロ)」が応援に駆けつけた。ももクロはオープニングアクトのほか、飛鳥の歌の際にはバックダンサーも務めた。
「歌は緊張したんですけど。すごく楽しいですね。お客さんがノッてくれるので、これほど気持ちイイことはありません。ももクロちゃんたちと一緒にお泊りをして練習したんですけど、私ダンスがすごく苦手なので、皆から毎晩教えてもらって。それでもできない私がいて(苦笑)。鏡張りの部屋で、ももクロちゃんたちが私の周りをグルっと囲んで、こうだよこうだよって。でも私だけテンポがずれてる」

ももクロのリーダー・百田夏菜子は「凛ちゃんの歌はすっごい憧れるような声。最初会ったときは女優だけだと思ってたんですけど。歌を聴いてビックリしました」と先輩を称えた。しかし、「ももいろクローバーの6人目のメンバーに」と話を振られると、「あ…どうする? どうする?」とメンバー協議の末、「凛ちゃんは、おっきいから…」とやんわり断っていた。

実力派女優・飛鳥凛、アイドルグループ"ももクロ"入りを断られる(Webデビュー)

2013年現在のプロフィールで比較すると、飛鳥凛の身長は166cmで、早見あかりの身長が165cm、玉井詩織佐々木彩夏が160cmなので、それほど大きな差とは言えない。しかし、当時ももクロのメンバーは中学生中心で身長が伸びきる前だったことと、この日は飛鳥凛だけヒールのあるサンダルだったためか、写真でみると身長にかなりの差がある。

66742_200906080946921001244430391c

66742_200906080954917001244430391c



■Twinkle5としてももクロと共演

上記のように、冗談ながら“ももクロ入り”はならなかった飛鳥凛だが、2013年11月22日のももクロのライブに突如登場した「Twinkle5」の赤担当として、ももクロのメンバーと一緒にアイドルグループを演じることになった。

さらにTwinkle5が登場するクリスマスドラマ「天使とジャンプ」放映直前の2013年12月23日に西武ドームで開催されたコンサート「White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS 2013 美しき極寒の世界」にも、Twinkle5として出演。ブログで出演時の感想を述べた。

3万何千人の前でパフォーマンスなんてする事なんて一生にもうないと思うから。いっぱい楽しんできました(´・_・`)ふふふ
あーサイリウムも綺麗だったしお客さんの声も沢山聞こえて…凄かったな…

お疲れ様でした(飛鳥凛オフィシャルブログ「Diary」) 

■動画

2008_0720飛鳥凛路上0001.AVI


2008年7月20日の代々木公園の路上ライブで飛鳥凛が歌っている貴重な動画。しかも、手前(撮影者の目前)に、和川未優伊倉愛美玉井詩織がいる。3:45あたり、玉井のところに百田夏菜子がやってきて話をしている。終盤、右端に高城れにも見える。




感想をコメント欄にお願いします