さよならクロールZ(さよならくろーるぜっと) 

アイドルグループ・AKB48のメンバーによって結成された、ももいろクローバーZのコピーユニット。
略称は「さよクロZ」。
2013年10月5日、大阪・京セラドームで開催された「AKB48 全国握手会」のミニライブ中に、「行くぜっ!怪盗少女」を披露した。

メンバーは以下の通り。
松井咲子(チームK )
:大家志津香(チームA )
ピンク:石田晴香(チームB )
:中村麻里子(チームB )
:野中美郷(チームK)

BVyzd4_CAAAli0X
 
■AKB48スタッフの要望から生まれた

 最近のAKB48 全国握手会ではイベント中のミニライブに力を入れており、そのライブ中の1コーナー「ゆるゆるカラオケ大会」のなかで「さよクロZ」が登場した。
 「ゆるゆるカラオケ大会」は、本来はメンバーが歌いたい曲を歌うことになっているが、モノノフとしても知られる松井咲子に対してはスタッフから「ももクロさんやってください」と指定があり、残りのメンバーを松井咲子が集めた。
 ユニット名はいわずとしれたAKB48のシングル曲のタイトルからとられている。
最近の握手会イベントでは
ゆるゆるカラオケ大会っていうのをやってまして、基本的に歌いたい曲をやるんだけど

私に関しては、スタッフさんから
「ももクロさんやってください」と。

大好きだし尊敬してるしやりたかったし、正直嬉しかった!
けど、不安要素がありすぎる。

■いろんなものを共に乗り越えてきた

 「さよならクロールZ」のメンバーは、松井咲子が参加するAKB48内の非公式ユニット「CHH」がベースになっている。

結構ガチでいろいろ考えた結果、
やっぱりもう付き合いの長い仲間
CHHにすることに。

私たちにはももクロさんのような
スター性は無いかもしれないけど
いろんなものを共に乗り越えてきた
チームワークと根性はあるぞと。
わかんないけど。

 「CHH」とは「しーちゃん・ハート・ホスピタル」の略称で、2009年5月1日に結成された。
 当時、厳しい環境におかれて凹みまくっていた大家志津香(しーちゃん)を励ますために、同じ境遇の研究生有志がカラオケに集結したのが始まりだという。
 具体的な活動はあまり行われていないためか、Wikipediaなどにも記載されていない。 

CHHのメンバーは、

大家志津香 (4期研究生。現在、teamA ) 
石田晴香 (5期研究生。現在、teamB )
内田眞由美 (5期研究生。現在、teamK )
鈴木まりや (7期研究生。現在、teamB )
野中美郷 (6期研究生。現在、teamK)
松井咲子 (7期研究生。現在、teamK )

となっているが、鈴木まりやはSHN48兼任のためか、今回は参加していない。
 
 また直前になって内田眞由美が体調不良で全国握手会に出られなくなったため、
松井咲子が中村麻里子(9期研究生。現在、teamB )に「さよクロZ」への参加を依頼した。


■私、良い仲間見つけました

 握手会の余興的なイベントではあったが、さよクロZのメンバーはかなり本気だったようだ。

DVDや映像を何回も何回も観て
フリおこしして覚えて
合間見つけては5人で揃えて

「ここ、もっとこうした方が良い」
とか皆真剣。

それがなんかすごく嬉しくて、
思わずマネージャーさんに
「私、良い仲間見つけました」なんて言っちゃうほど。笑

以上、引用はすべて松井咲子公式ブログ:さきっciao「さよクロZの裏側。@大阪」より。

私たち本気で
何回も練習して
フリも細かく確認w

本番はめちゃくちゃ
楽しかったですp(^^)q

また違う曲とか……
やれたらいーなあo(^-^)o笑

野中美郷公式ブログ:みちゃえる~む「…さよクロZ…」より

 「いろんなものを共に乗り越えてきた」という松井咲子の言葉は、ももクロのメンバーの言動や歌詞を彷彿とさせる。
 かなうことなら、野中美郷も希望しているように今後も活動を継続し、ももクロとの共演を目指して欲しいものだ。

afb16217a6cb5abbdf6296ae854993d1

5b6588f715c60a42e86f3ec72292c956




感想をコメント欄にお願いします