お弁当はひとり600円まで(おべんとうはひとりろっぴゃくえんまで)

アイドルグループ・ももいろクローバーZのお弁当代はひとり600円。5人で合計3000円以内と決められている。
日本最大級の日産スタジアムを6万人の観客で埋め尽くした2013年8月現在でも、そのルールは変わっていない。
 
【厳しいルールがハイコストパフォーマンス弁当を実現】
 ももクロの弁当代が600円以内という話は、たびたび本人達によってテレビやラジオでネタにされてきた。それによると超過した分を自分たちで支払うこともできないルールということだった。

 2013年4月28日にニッポン放送「日曜日のそれ」にももクロが出演した際に、パーソナリティの笑福亭鶴瓶が、スターダストの取締役に昇進した川上アキラに対して、お弁当代をひとり600円から上げてやってほしいと要望し、川上も検討すると返答した。

 しかし、2013年8月8日にファミリーマートがももクロと共同開発したお弁当の発表会をしたさいに、いまだにお弁当代がひとり600円のままであることが判明した。先日も150円オーバーしたために、佐々木彩夏が買いたかった148円のシュークリームが却下されたというエピソードも披露された。
  共同開発の過程を記録したメイキングビデオの中でも、ももクロが詰め込むだけおかずを詰め込んだ試作品に対してファミリーマートのスタッフが「680円」と答えると、ももクロのメンバーが口々に「高い」と反応し、自分たちは「お弁当代600円までなので買えない」と説明している。

 その結果、エビフライやソーセージ、グラタン、などを詰め込んだ2段弁当「ももクロのわがまま弁当」が598円、お弁当工場で製作できるギリギリ最大サイズのハンバーグを詰めた「しおりんのまんぷく弁当」が580円、納豆やオクラを具にした「ももクロ流そうめん」が480円といずれも税込みで600円以下の価格に抑えられた。

 釣瓶の要望のとおりももクロのお弁当代が上がっていたら、このハイコストパフォーマンスな弁当は実現しなかった可能性がある。


hc0g7400001je4e8













598円というギリギリ600円以下を実現した「ももクロのわがまま弁当」。
・ご飯の上に載っているのはももタン型の海苔。似せるのが大変で寝ないで作ったと説明があった。
・ご飯と同じパッケージに入っているのは「スープを入れたい」という有安杏果の要望で採用されたミネストローネ。電子レンジで均等に暖まるよう工夫が凝らされており、今後ほかの商品にも応用したいとのこと。
百田夏菜子エビ反りジャンプになぞらえて、大きなエビフライがおかずの中央に斜めに入っている。「反らない、エビ反りフライ」と高城れにが名付けた。
・佐々木彩夏のこだわりでデザートとしてパンケーキが添えられており、暖めると上に載せたバターが溶けるようになっている。


【参考】

ファミリーマート×ももいろクローバーZ コラボ商品開発レポート
(リンク先にメイキング動画)

プレスリリース(PDF)

【動画】

[フル] ももクロ出演 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ 2013/04/28



ももクロ、1回の弁当代は600円 「ファミマ」x「ももクロ」共同開発弁当発表会


ももクロがコンビニ弁当開発!(2)「ファミマ」x「ももクロ」共同開発弁当発表会 2
ファミリマートの開発担当者も、ももクロのメンバーも、企業の商品発表会としては異例なほどトークが熱い。こんなところまで全力である。



ももクロ、弁当開発で囲み取材 「ファミマ」x「ももクロ」共同開発弁当発表会 囲み


 


感想をコメント欄にお願いします