米村弘光(よねむらひろみつ)

1962年生まれ。熊本県出身のスタイリスト。
AKB48や乃木坂46など、日本のトップアイドルグループのグラビア衣装やステージ衣装を手がける。

アイドルグループ・ももいろクローバーZの衣装も数多く手がけている。
ももクロのメンバーやスタッフからは「よねちゃん」と呼ばれている

 
【役者からスタイリストへ】
高校卒業後、服飾関係の専門学校に入学したが、2週間で挫折して退学。
その後、劇団員になってトントン拍子で映画に出演したことから衣装に関わるスタイリストという仕事を知った。
 
劇団員を辞めてスタイリストになってからも成功し、大ヒットした2003年の杏さゆりの写真集で功績を残した。
2009年にプレイボーイ誌の依頼でAKB48のグラビア衣装を作ってから、アイドルの衣装を多く手がけるようになった。

(「あなたをアゲる、STORY 03 スタイリスト 米村弘光」RAIZIN)


【ピンキージョーンズからももクロに参加】
米村が初めて作ったももクロの衣装は「ピンキージョーンズ」の衣装だった。

歌詞のチャパチャパから、チャパ族のインディアンという設定でデザイン。
「動きやすいこと」「洗濯できること」が、衣装の条件でした。

(「スタイリスト米村弘光(米ちゃん)が、はじめて製作したももクロの衣装とは?」(ももクロまとめクイズ))
 
【ももクロが一番だぞー!】
ももクロのライブが始まる前に、メンバーとスタッフが円陣で肩を組み、リーダーの百田夏菜子が開始の挨拶していよいよライブが始まるとき、米村が「ももクロが一番だぞー!」とかけ声で盛り上げる。
米村がいないときは、ほかのスタッフが代わりに声をかける。


【AKBと色違いのももクロ衣装】
玉井詩織のソロ曲「涙目のアリス」の黄色い衣装は、AKB48の渡辺麻友のピンクの衣装の色違いバージョンを米村が作った。当初、玉井はももクロらしくないアイドル風の衣装に抵抗を示したが、大ファンである“まゆゆ”と色違いと聞いて納得。渡辺麻友が司会を務めるフジテレビONE/TWO/NEXTの「GIRLS' FACTORY」に出演した際にわざわざ着ていったが、その後、古屋マネージャーの管理が悪くて黴びてしまったという。

【芸能人カレー部】
「芸能人カレー部」とはカレー好きの芸能人とスタッフが集まって作ったカレーの会。1997年に長期の海外ロケ中に現地の食事に飽きたスタッフがカレーをつくって食べたのが始まり。
(「芸能人カレー部とは?」)

現在は芸能人のレシピによるカレーが食べられる専門店を株式会社ジャズエンターテイメントの運営によって全国に展開している。
メンバーは、森下千里が副部長を務め、新山千春、ラサール石井、石田純一らが名を連ねるが、部長は非公開とされている。その部長の正体が実は米村だという。

2013年8月4日に日産スタジアムで開催されるももクロのライブでは、川上アキラの要請により、米村のカレーが食べられる屋台が出店された。



(2013年8月11日のSUMMER SONIC 2013での出来事のもよう)





 


感想をコメント欄にお願いします