バーボンズ 愛と青春の3部作(ばーぼんずあいとせいしゅんのさんぶさく) 


沖縄出身の6人組インディーズバンド「バーボンズ」が2008年秋から2009年初春にかけてリリースした3枚のシングル「autumn」「雪国」「絆」のために作られた3本のPVのこと。PVの正式なタイトルは「バーボンズ」のようだ。

演技に情熱をかける3人の女子高生の友情と葛藤を描いている。


制作はインディーズレコード会社LD&K Records。

スターダストプロモーションが制作協力しており、当時の3B juniorのメンバーが出演している。

主演は和川美優早見あかり伊倉愛美で、その脇を固めるのが百田夏菜子高城れに玉井詩織の3人。PVにはももいろクローバーの名称は一切クレジットされていないが、初期ももクロに興味がある人には必見の映像作品となっている。

なお3枚のシングルのジャケットもすべて、和川、早見、伊倉の3人が一緒に撮った記念写真風だ。


なお、バーボンズは2011年10月1日にJaaBourBonz(ジャアバーボンズ)に改名し、同年12月にメジャーデビューした。

【あらすじ】

舞台「雪国」のオーディションに参加した、藤堂優子(伊倉愛美)、佐藤たえ(早見あかり)、ほのか(和川未優)、の3人は同じ高校の演劇部に所属する中の良い友人同士。最初は和気あいあいとオーディションの課題をこなしていた3人だが、突然たえは自分たちがひとつの主役を奪い合うライバルなのだと気がつく。それにとまどう、ほのかだったが……。


【登場人物】

・伊倉愛美が演じる優子は、オーディションの緊張の中でもギャグを飛ばしてウケを狙う明るいキャラだが、プレッシャーに弱いという、伊倉本人に似た性格設定になっている。また3人の主役の中では唯一「藤堂優子」というフルネームの表記が明らかになっている。


・早見あかりが演じる“たえ”は、一途で気が強く、どうしても「雪国」の主役を勝ち取りたいと考え、友人さえも敵とみなしてしまう。早見が演じる“気の強い美少女”ぶりは迫力満点。「さとうたえ」という役名を作中のオーディションで名乗っているが、漢字表記は不明。また、設定は17才の高校生だが、当時の早見は14才の中学生である。


・和川未優が演じる“ほのか”は、口数の少ない優しい少女だが、演技に対しては内に秘めた熱い思いがある。作中では「ほのか」としか呼ばれないため名字は不明。


・主役の3人以外は、百田夏菜子、高城れにが、実名で登場し、名前は出ないが玉石詩織も存在感のある役柄となっている。ももクロ以外では石原彩美、坂本佳菜子が実名で出ている。石原はスターダストプロモーションのWebにプロフィールが残っているが、その後の芸能活動を行った形跡はない。坂本佳菜子はサンミュージック・ブレーンに所属していたようだが、やはり芸能活動は行っていないようだ。


【泣き顔と告白】

・第一部にあたる「autumn」では後半、「涙を流しながら“好きです”と言う」という演技が課題となる。これに主役の3人のみならず、百田、高城、玉井も挑戦していて、この3部作の見せ場のひとつとなっている。



【撮影時期】

3枚のシングルは半年かけてリリースされたが、PVの撮影は一気に3本撮ったと思われる。

1枚目の「autumn」の発売が2008年10月7日なので、PVの撮影は遅くとも夏頃。だとすると、ももクロの初期メンバーが代々木公園や飯田橋ラミアで路上ライブをやっていたころということになる。
当時、早見はももクロのメンバーでは無かったが、一緒にビラ配りをしたり踊ったりしていた。当時のメンバーのうち、藤白すみれだけがこのPVに参加していない。



 

バーボンズ 愛と青春の3部作「autumn」



バーボンズ 愛と青春の3部作「雪国」




バーボンズ 愛と青春の3部作「絆」






バーボンズ・ディスコグラフィー


autumn [Single, Maxi]
2008/10/7発売


雪国 [Single]
2008/12/9発売


絆 [Single, Maxi]
2009/2/17発売




感想をコメント欄にお願いします