AEイベント選曲ランキング(えーいーいべんとせんきょくらんきんぐ)

2013年5月27日から29日にかけて開催された『ももいろクローバーZ 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります♡~」 』(通称:AEイベント)の3日間5公演で使用された曲を使用回数順にランキングした。


今回のイベントは ももいろクローバーZのメンバー5人がそれぞれ1公演を「監督として」担当し、ライブのセットリストを作成した。

つまり各メンバーは、自分が好きな曲やイベントで盛り上がると考えた曲を入れたはずで、これを集計すれば、2013年5月時点でのももクロメンバー内人気曲ランキングになるとも考えられる。
以下がその結果である。
(※注「上球Maxx」は「上球物語 -Carpe diem-」と「Chai Maxx」の2曲分とカウントした。)

1位の「コノウタ」は、メンバー全員が選んだ唯一の曲で、諦めずに夢を追い続けることの困難とそれを打ち破る勇気を歌っている。
ももクロの曲には、こういったメッセージソングが数多くあるが、「この歌、キミに届け まだちょっと拙いんだけど」というフレーズや「いつだってギリギリさ」というラップが、未熟ながらも常に困難に挑戦してきた“ももクロ”のメンバーたちの姿にダブって感動を上増しにする。

ももクロのメンバー達もまた、同じように感じているのかもしれない。

2位には「仮想ディストピア」「走れ!」「Chai Maxx」の3曲が計4回の使用でランクインした。

「仮想ディストピア」はセカンドアルバム「5th Dimension」の収録曲で、「めざましどようび」とのタイアップソングでもある。「5th Dimension」のなかでは、当初「Neo STARGATE」と「BIRTH Ø BIRTH」がプッシュされていたが、ファンの間ではこちらも良曲だという評価もあった。
百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れにの4人が使用した。「走れ!」と「Chai Maxx」は使用回数は4回だが選曲者は3人なので、単独2位であるとも考えられる。

「走れ!」はもともと、ももクロのメジャーデビュー曲として予定されていた、少年の切ない恋心と決断を歌った王道のアイドルソングであり、コノウタと並ぶメッセージソングである。
百田夏菜子、佐々木彩夏、有安杏果の3人が選んだが、百田が2回使用したため計4回となった。

「Chai Maxx」はサードシングルの収録曲(「ミライボウル」と両A面扱い)で、ももクロ曲随一の運動量とドリフや武藤敬司の“プロレス・ラブ”のポーズなど、特徴的な振り付けからももクロを象徴する曲のひとつとなっている。
百田夏菜子、玉井詩織、有安杏果の3人が選んだが、百田が2回使用している。有安は「上球物語〜」とマッシュアップした「上球Maxx」として使用した。



1位 コノウタ 5
2位 仮想ディストピア 4
2位 走れ! 4
2位 Chai Maxx 4
3位 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 3
3位 全力少女 3
3位 上球物語 -Carpe diem- 3
3位 行くぜっ!怪盗少女 3
3位 月と銀紙飛行船 3
3位 空のカーテン 3
3位 ワニとシャンプー 3
3位 ニッポン笑顔百景 3
3位 サラバ、愛しき悲しみたちよ 3
3位 DNA狂詩曲 3
3位 BIONIC CHERRY 3
4位 恋の暴れ太鼓 2
4位 黒い週末 2
4位 ももクロのニッポン万歳! 2
4位 ツヨクツヨク 2
4位 だって あーりんなんだもーん☆ 2
4位 スターダストセレナーデ 2
4位 ココ☆ナツ 2
4位 ゲッダーン! 2
4位 ありがとうのプレゼント 2
4位 あの空へ向かって 2
4位 PUSH 2
5位 労働賛歌 1
5位 未来へススメ! 1
5位 僕らのセンチュリー 1
5位 白い風 1
5位 宙飛ぶ!お座敷列車 1
5位 太陽とえくぼ 1
5位 渚のラララ 1
5位 事務所にもっと推され隊 1
5位 気分はSuper Girl! 1
5位 乾いた地球に潤いを 1
5位 灰とダイヤモンド 1
5位 キミとセカイ 1
5位 オレンジノート 1
5位 あの素晴らしい愛をもう一度 1
5位 あーりんは反抗期 1
5位 Z女戦争 1
5位 words of the mind - brandnew journey - 1
5位 Wee-Tee-Wee-Tee 1
5位 Jasper 1
5位 CONTRADICTION 1
5位 Believe 1
5位 5 The Power 1
5位 ・・・愛ですか? 1


感想をコメント欄にお願いします