アックス(あっくす)

株式会社アックス 。TBS系列のテレビ番組やイベント、コンサートなどの舞台美術の制作、大道具や小道具のレンタル、音響効果の3つの分野を手がけている会社。

TBSホールディングスの100%出資子会社だが、他局の番組も扱っている。
年商40億円(2012年3月期)。
従業員数129名。

アイドルグループ・ももいろクローバーZのコンサートの舞台制作やPVのセットの制作も行っている。

会社ホームページは
http://www.acs-art.co.jp/

 
アックスのホームページでは制作例として、以下のコンサートがあげられている。

ももいろクローバーZ サマーダイブ2011
美術プロデューサー:小美野淳一
美術デザイン:岡嶋正浩
美術制作:宇賀田暁彦
http://www.acs-art.co.jp/images/works/stage/stage01.html http://www.acs-art.co.jp/images/works/stage/stage01.html 

ももいろクリスマス2011 (HIP・FDW)
美術プロデューサー:小美野淳一
美術デザイナー:岡嶋正浩
美術制作:宇賀田暁彦
http://www.acs-art.co.jp/images/works/stage/stage03.html


ももいろクローバーZ ライブin西武ドーム (2012夏)
美術プロデューサー:小美野淳一
美術デザイナー:岡嶋正浩
美術制作:宇賀田暁彦


などがあげられている。
基本的には、ももクロのコンサートの制作はアックスが行っていると考えてよさそうだ。

・Ustream放送の「24時間いただきますっTV」では、セットで作られた部屋の案内をする際に美術プロデューサーの小美野が呼ばれたが逃げて登場せず、百田夏菜子が「小美野さんは、ベアダーとかも作ってくれた人」と紹介した。
・小美野に代わって登場した宇賀田暁彦は、ももクロのメンバーから「ウガちゃん」と呼ばれていた。
・宇賀田は、「HEY! HEY! HEY!」の番組中に「ベアダー」の値段を鑑定した際にも、川上アキラと一緒にビデオにももクロ関係者として登場していた。
・「別冊ももクロChan」で「労働賛歌」のPV撮影風景を紹介したとき、ひとつのスタジオ内にオフィスや工事現場、屋台、電車などが作り込まれていて、ももクロメンバーを驚嘆させた。このとき演出の佐々木敦規がももクロメンバーに「小美野さん安くしてくださ〜い」とお願いさせた。しかし、返事は「無理で〜す」。


【多くのテレビ番組やイベントを手がけている】

ももクロ以外の仕事では、

  • 輝く!日本レコード大賞
  • 日本有線大賞
  • 王様のブランチ  
  • オールスター感謝祭  
  • CDTVスペシャル
  • さんまのSUPERからくりTV 
  • 情報7daysニュースキャスター
  • アッコにおまかせ!
  • ぴったんこカン☆カン
  • うたばん   
  • マッスルミュージカル

などのTBS系の番組のほかに「おはスタ」(テレビ東京)なども例として上がっている。

ただ、ももクロ以外のアーティストのコンサートを継続的に制作している例は挙げられていない。

 

 


感想をコメント欄にお願いします