Ozzfest Japan 2013(おずふぇすとじゃぱん)

2013年5月11日から12日にかけて千葉・幕張メッセで開催されたロック・フェス。
「Ozzfest」はヘヴィ・メタルやハードロックのバンドが毎年集う米国のロック・フェスティバルで、伝説のロック・ミュージシャン、オジー・オズボーンと妻のシャロンによって創設された。
その「Ozzfest」が日本に初めて
上陸した記念すべきイベントにも関わらず、こともあろうにアイドル・グループ、ももいろクローバーZが参加することになって、メタラーやロック・ファンから次々と非難の声があがった。

これに対して、過去ロック・フェスに何度も参加してきたももクロ陣営は、従来ならロック風のメイクや衣装や選曲をしてきたところを、あえて正統派アイドル路線を選んで真っ向勝負を挑んだ。




セットリスト

・Overture
・ピンキージョーンズ
・行くぜっ!怪盗少女
・MC 高城れに、コーラ50mmlイッキ飲み→むせる→
・黒い週末【ギター:和嶋慎治(人間椅子)& NARASAKI】
・労働賛歌【ギター:和嶋慎治(人間椅子)& NARASAKI】
・猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」【ギター:和嶋慎治(人間椅子)& NARASAKI】
・MC(BGM :あの空に向かって)


「黒い週末」のバックは、作曲者のNARASAKIと、CDでギターを演奏した和嶋慎治(人間椅子)が、モノノフの証であるホワイトベレーを被って演奏。「労働賛歌」と「猛烈宇宙交響曲〜」も引き続き、バックを担当した。
「労働賛歌」も大槻ケンヂが作詞、イアン・パートンが作曲を担当した、ロック・ミュージシャンによって書かれた曲であり、「猛烈宇宙交響曲〜」は、マーティ・フリードマンがギターで参加したロック・オペラテイストの曲である。

現場のレポートによれば、最初はひいていたメタラーやロックファンも、黒い週末以降は、しだいにモノノフの輪に入る人が続出。

さらに、ももクロの前に出演したDEFTONESのベーシストがステージ横からももクロ映像を配信。
いわく、“These gals are slaying!!!”(この娘たちは、圧倒的だよ!






以下は、ももクロに遭遇してしまった、メタラー、ロックファン、音楽ファンのつぶやき。


柴那典(しば・とものり)氏。ライター/編集者


大内 一範氏。津軽三味線+ブレイクコアのArtificial Lover名義で音楽活動中。

@Dis_siD 。ももクロの出演批判用に作られたアカウントの模様

びびカス。氏。帝京2年経済経営


分々氏。慶應SFC卒。正統派ロックファンの模様。

NEO氏。自称音楽オタク。

ガイエル@ボールペン字練習中氏。秋大生 軽音楽研究会所属

ユカ氏。プロレス(NOAH/DDT/ドラゲ)が好き。小橋がすごく好き。


れすぽ氏

まさる氏

真田氏。ロック好きなエンジニア。

モダンボーイズ長岡氏。スクールJCA19期/コントやってます


Lee氏。メタラーのデザイナー。


メタラー、ロック・ファン、音楽ファンの中には、ももクロの魅力に目覚めた人もいれば、理解できなかった人もいるし、最後まで拒否し続けた人もいた。それが真実のようだ。
しかし、ももクロのメンバーにとっては久しぶりの近来にない完全アウェイの現場だったためか、全力のパフォーマンスに対するモノノフの評価は高かった。「今年一番のライブだった」という声も複数あがっている。





追記

2013年5月17日(米国付け)、Ozzfest Japan 2013の米国側の広告代理店が、成功を報告するプレスリリースを出した。

このプレスリリースには、BLACK SABBATH、SLIPKNOT、TOOL、DEFTONESといった錚々たる大物バンドと並んで、出演バンドのひとつとして「MOMOIRO CLOVER Z」があげられている。

さらに5/17発売の週刊FRYDAYの記事によれば、Ozzfest Japan 2013の人選はすべてオジーとシャロンによって行なわれたという。つまり、ももクロの出演を決めたのは、オジー本人だったというのだ。
さらに日本側のプロモーターである、H.I.P.の林香里氏の以下のように述べている。

オジーは、ポップスやディスコ、はてはゲームサウンドまで取り入れた『ももクロ』の多彩な楽曲と、アイドル的なルックスとのギャップや、常に全力のパフォーマンスが気に入ったのでしょう。彼女たちを『That's JAPAN!(彼女たちこそ、日本そのものだ)』と評価しています。
(中略)
素晴らしいライブでした。オジーも絶賛していましたし、
(中略)
楽屋では何人かのエージェントから、『ももクロ』を海外でプロデュースしたい、なんて話も飛び出すほどでしたよ 

(週刊FRYDAY5/31号「メタルの帝王感動ッ「『ももクロ』はクレイジーだ」」)

なお、Ozzfest Japan 2013を日本側で制作したH.I.P.は、ももクロのライブステージの制作も手がけている。

Ustream放送「24時間いただきますっTV」の最後のライブの直前に登場したH.I.P.のももクロ担当である高橋氏と、スターダスト音楽出版の佐藤守道が、オズフェスについて語った。

川上 どうでした、オズフェスは? 主催だからね。聞いてみたいと思います。
高橋 素晴らしいパフォーマンスだったと、本当に思います。
(観客、歓声と拍手)
川上 え〜? 担当アーティストだから言っているんじゃないの?
佐藤 なんか(ももクロが出れば)「チケット売れるんじゃないか」みたいな(批判もあった)
川上 (笑)
高橋 あのイベントでももクロさん、別に浮いていたわけじゃないし、本当にやりきった感というか、見てて凄いなあとは思いました。
川上 本当に、モノノフのみなさんのおかげもあるし、凄くいい経験をさせていただきましたよね。
佐藤 久々に本当にアウェイらしいというか、凄く批判があるなかで参加したイベントだったので。……自分もオズフェスがどういったものかある程度わかった上で受けたところもある。でも、もうちょっと世の中の反響的には優しいのかなと思ったら、メタルのファンの方ってストイックな方が多いので、凄くデリケートなところに踏み込むっていうところで、緊張感はあったんですけど。川上さんとも話して、自分たちにできることは、やっぱりアイドルとして正々堂々とあの場に立つこと。それをひとつ目標として、それを本人達がリハーサルも含めて、短い中だったのですが、歌とか踊りも含めて、精一杯できることをやってくれて、それが、本番でいい形で結果出せたので、非常に良かったなと思っています。
(歓声と拍手)
川上 ないよね、だって。オジー・オズボーンが主催するフェスに出して貰えるって、ほんとに。
佐藤 ほかのパフォーマーも翌日も含めて観に行ってきたんですけど、あとから思ってもウチが出るところじゃなかったなと。
(観客、笑い)
川上 やめてよ! いやでも、ホント恐縮しちゃうよね。
佐藤 いや、恐縮でしたよね、ホントに。
川上 俺だってそんなに音楽わかんないけど、やっぱわかるもんね、そりゃ。
佐藤 XXX(聞き取れず)とか出てきて、同じ舞台に立ったんだと思うと、……不思議な感じでしたね。

(Ustreamアーカイブ「5月17日 LIVE(品川ステラボール)」00:39:30〜)
http://www.ustream.tv/recorded/32943807

ももクロのスタッフにとっても、異次元な体験であったようだ。


追記2

音楽ライターの柴那典氏は「ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの」という記事で、ももクロのオズフェス参戦の総括をしている。この記事によると、ももクロが参加した1日目の観客は生粋のメタラーでは無く、「夏フェスが定着し、レジャーとして消費される風景」、そこに集まる「フェスリア充」だったとしている。
つまり、あの場でももクロに盛り上がっていた人たちの多くは、夏フェスが日本に定着し、レジャーとして消費されるようになったここ10年ちょっとの風景を当たり前に過ごしてきた若者だった。

ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの(ガジェット通信)

参考

ももクロ×ヘビメタなぜ 「オズフェスト」に参戦(朝日新聞)
http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201305070397.html


オズフェス-ももクロ部分(Togetter)
http://togetter.com/li/501151?page=1


ももクロ、Ozzfestで白熱ライブ「私たちがアイドルだ!」(ナタリー)
http://natalie.mu/music/news/90444



 


感想をコメント欄にお願いします