車中泊(しゃちゅうはく)

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の下積み時代を象徴するキーワード。
代々木公園けやき通りの路上を皮切りにライブ活動を開始した“ももクロ”は、結成一年後の2009年5月に初の「全国ツアー」を開始する。

といっても、ツアーで回ったのは“デパートの屋上”ですらなく、全国のヤマダ電機の店頭や、売り場内にカーペットを敷いただけのスペースでパフォーマンスをしていた。

移動手段は、クルマ。週末の高速道路がETCを使うとどこまで行っても1000円だったのを利用して、8人乗りのグランビアにメンバー6人+スタッフ2人の計8人が乗って、ほぼぎゅうぎゅう詰めで移動した。

例えば、6月20日(土)から21日(日)の週末は、東京→盛岡→仙台→東京で、合計移動距離は1089.4km。翌週末は東京→山梨→静岡→東京で、合計566km。
最長は7月18日(土)から20日(月)の三連休で、東京→広島→福岡→神戸→東京という合計2211.3kmにも及ぶ強行軍。21日以降は学校が夏休みに入って、連日首都圏のヤマダ電機でライブを行っており、ツアーの総移動距離は1万2000kmに及ぶという。

このツアー中は

百田「ホテルも無かったのでほぼ車中泊」
百田「メンバー6人とスタッフさん2人でぎゅうぎゅうで」
佐々木「クルマの中で夜寝るんですよ」
佐々木「で、朝起きたら違うところにいるって」
(「ダウンタウンDX」出演時)


百田「車中泊している間に次の県とかに移動してて、銭湯に入って、車中泊してって」
 (「ひみつの嵐ちゃん」出演時)
 
という状態だった。 

高速道路料金値下げ政策の最大の受益者は、ももクロだったかも知れない。

なお、2012年12月31日に紅白歌合戦に出演を果たした“ももクロ”だったが、百田夏菜子高城れにはその後のラジオ「吉田尚記のオールナイトニッポン」にも生出演。天下の紅白出場歌手になった直後に、またもや車中泊となってしまった。





ももクロの車中泊の様子


ダウンタウンDX 「ももクロ 1万2000km やっぱり6人やったんや」


【参考】
公式ツアースケジュール
http://www.momoclo.net/schedule/tourschedule.html




感想をコメント欄にお願いします